BAN×KARA ZONE-UK店長のブログ

バンカラという梅田にある生バンドカラオケのお店で店長をしています。一児のパパです。元芸人でフラワーズオブロマンスというコンビで活動していました。気が狂うくらい子煩悩。

淘汰される社会で淘汰されない為に。

飲食店の50%は2年以内に潰れると言われています。

 

 

 

二軒に一軒。

 

 

 

すごい確率ですねw

 

 

 

バンカラが潰れる確率はとても高いという事ですねw

 

 

淘汰される社会

 

 

この社会は他より価値を提供できなければ淘汰される社会です。

 

 

 

それはお店としてはもちろん、人材としてもそうです。

 

 

 

他店より価値を提供できないお店は潰れていく。

 

 

 

他のスタッフよりもお店に価値を提供できないスタッフはシフトは減っていく。

 

 

 

そして僕自身も惰性的に仕事をし、売り上げが上がらなければクビになるでしょう。

 

 

 

とてもシビアw

 

 

 

でもだからこそ面白い。

 

 

 

必死で漕がなくても沈まない船なんておもんない。

 

 

 

一定の給料で惰性的に働いて、死んだ目で生きるなんて無駄だ。

 

 

 

ベンチャーの醍醐味ってそこだと思う。

 

 

 

必死で自分が漕がなければ沈んでしまう船。

 

 

 

けれど自分が漕げば漕ぐ分だけ進んでいく。

 

 

 

どうやったら生き残れるのか必死で考える。

 

 

どうやって淘汰されないようにするか?

 

 

バンカラは業態として珍しいですが、来年からはドンドン似たような業態が出てくるでしょう。

 

 

 

新しくできた店よりも価値を提供できなければ淘汰されます。

 

 

 

 淘汰されない為には、代替え不可能な存在にならなければなりません。

 

 

 

ナンバーワンではなくオンリーワン。

 

 

 

この店じゃないと味わえない。唯一のお店にならなければなりません。

 

 

 

て事は、他のお店がやってないサービスを見つけてドンドン取り入れていく。

 

 

 

この店の個性を伸ばし、オンリーワンになる。

 

 

 

来年はこの一点を重視して行こうと思います。

 

 

人材として淘汰されない為には

 

 

人材としても自分の個性、他の人材にできない事はなんなのか考え、そこを伸ばす事によってオンリーワンになれる。

 

 

その為には

 

・徹底的に自分と向き合う。

常に自分を観察。何に喜び、何で怒り、何が得意なのか。分析しデータをとります。

 

 

・できるだけたくさんの人と会う。

他者との比較によってのみ、自分の優れている部分、劣っている部分が見えます。

その為にはたくさん人と会う=たくさんのデータをとるが重要です。

 

 

・欠点は捨て、長所のみ伸ばす。

人と比較して劣っていると感じた部分に時間を使うより、ほかが持ってない能力に気づく事ができたらそこに時間を使いましょう。その方が 代替え不可能な存在になる可能性が高い。

 

 

長所なんてないと思う人は?

 

 

じゃあ長所なんてない人はどうすればいいのか?

 

 

 

僕は視野を広げれば長所は絶対にあると思うけど。

 

 

 

それでも見つからない人はとりあえず元気を出せばいいと思います。

 

 

 

元気は誰にでも出せるし、場が明るくなる。

 

 

 

場を明るくできる能力というのは、ちょっと仕事ができる人なんかよりも、とても価値があると思います。

 

 

 

「あいつがいるとなんか雰囲気良くなるよな!」って人になりましょう。