12年やった芸人を辞め、生バンドカラオケ「バンカラ梅田」の店長になった元芸人が経営者になって行くブログ。

バンカラという梅田にある生バンドカラオケのお店で店長をしています。元芸人でフラワーズオブロマンスというコンビで活動していました。司会業、結婚式二次会プロデュース業、エンターテイナー派遣業もしています。

どうやったらお金が欲しくなるか考える。

僕はお金持ちにはなれないなぁと思います。

 

 

 

必要以上にお金いらない。

 

 

 

生活費さえあれば、お金を稼ぐモチベーションを失ってしまいます。

 

 

 

だからどうやったらお金が欲しくなるか考えてみました。

 

 

 

まずほとんどの方は、お金はあればあるだけ良いと言います。

 

 

 

なのでお金が生活費以上にある事のメリットを考えてみました。

 

 

 

何かあっても安心できる蓄えになる。

 

 

例えば病気や交通事故で何かあった時、家族や自分の為に蓄えがあった方がいいという考えです。

保険をかけるのもこの考えですね。

 

 

 

でも僕はいらない気がします。

 

 

 

信用を積み重ねていれば、周りの人が助けてくれるだろうと本気で思ってるw

 

 

 

例えば僕はインスタに娘をあげています。

 

 

 

会うたびに「花ちゃんかわいいね!」ってみんな言ってくれます。

 

 

 

SNSを見てくれている人は「花」をまるで親戚かのような気持ちで見守ってくれます。

 

 

 

もしも僕が明日死ぬ事が分かったら、僕は「花を育てる養育費をみなさん支援してください!」とみんなに頼みます。

 

 

 

そしたら割と集まる気がするw

 

 

 

僕に何かあったときの「保険」の為に「花」をインスタにあげて「SNSのフォロワーの親戚化」を図っていますw

 

 

 

それ以外にも、僕が「嘘をつかず、みんなの信頼を勝ち取る為に頑張っている姿」を発信し続ければ、僕や家族になにかあっても支援してもらい、なんとかなる気がしていますw

 

 

 

だから「何かあった時に安心できる蓄え」の為にお金を稼ぐモチベーションにはなりません。

 

 

 

それに「何かあった時に安心できる蓄え」って求め続けたらキリがない気がする。

 

 

 

1億円必要となるトラブルや、もっと必要となるトラブルもあるかもしれません。

 

 

 

それ求め続けたらキリなくない?

 

 

 

ずっとお金稼ぎに追われる気がする。

 

 

 

次は「お金が余分にあれば新たな体験が買える。」という観点からお金が欲しくなるか考えてみたいと思います。

 

 

 

みなさんは生活費以上にお金があればどんなメリットがあると思いますか?