12年やった芸人を辞め、生バンドカラオケ「バンカラ梅田」の店長になった元芸人が経営者になって行くブログ。

バンカラという梅田にある生バンドカラオケのお店で店長をしています。元芸人でフラワーズオブロマンスというコンビで活動していました。司会業、結婚式二次会プロデュース業、エンターテイナー派遣業もしています。

たまに私は「尾崎豊」になる。

私はたまにとても「尾崎豊」になる。

 

 

センチメンタルな気分とやさぐれ男子への憧れが私をひととき「尾崎豊」に変えるのだ。

 

 

尾崎豊」になった時私は、普段は吸わないたばこを吸う。

 

 

空を見上げながらたばこをふかし世界を憂う。

(2秒に一回むせる。)

 

 

尾崎豊」になった時私は狂ったようにバラードを歌う。(なぜか女性目線の歌を歌い、ぼろぼろ泣く。)

 

 

尾崎豊」になった時私は、積極的にのら猫に話しかけてみる。

 

 

そして寂しそうな目をのら猫に向け、聞こえるか聞こえないかの小さい声で

 

 

「.......お前も一人ぼっちなんだな。。」

 

 

とつぶやく。(完全に変質者)

 

 

尾崎豊になった時私は、バイクで事故った友達を思い出し悲しんでみる。(友達は軽傷の為健在。)

 

 

そして友達が好きだったタバコをまた吸うのだ。(現在その友達は徒歩2分のところに住んでいる。そして2秒ごとにむせる。)

 

 

今日はあまりに「尾崎豊」だった為、心優しいバイトの男の子に「何かあったんですか?」と心配された。

 

 

今日はまわりを心配させるくらいの「尾崎豊」だったのだ。

 

 

とても恥ずい。

 

 

どうか私が「尾崎豊」になっている姿を見たら

 

 

「うわぁ。こいつやさぐれた感出して自分に酔ってるなぁ。」

 

 

と思ってそっとしておいて欲しい。

 

 

私が今日「尾崎豊」になった理由はただ一つ

 

 

悲しいニュースに何もできない自分の無力さを痛感したから

 

 

ではなく

 

 

権力者が作ったルールに迎合し、愛想笑いを浮かべた自分に嫌気がさした

 

 

のでもなく

 

 

ただ昨日見た「モザイクジャパン」での高橋一生のやさぐれ感の演技がすごくカッコよかったからだ。

 

 

そろそろ私の「尾崎豊」も終わりのようだ。

 

 

そしてさっきYouTubeでたまたま流れてたハイロウズの動画を見た。

 

 

きっと明日は私は「甲本ヒロト」になっているはずだ。