生バンドカラオケ「バンカラ梅田」の店長になった元芸人のブログ。

バンカラという梅田にある生バンドカラオケのお店で店長をしています。一児のパパです。元芸人でフラワーズオブロマンスというコンビで活動していました。気が狂うくらい子煩悩。

子供と過ごす時間は「投資」だと思っている。

子供や、家族の為にもっと稼いだ方がいいという人がいる。

 


確かにそうかもしれない。

 


お金は選択の自由を生み、

 


何か会った時の「安心」として機能する。

 


でも僕はそれ以上に家族との時間が重要だと思う。

 

時間という投資

 

子供と過ごす「時間」は投資だと思うからだ。

 


まずは子供にとって幼少期の時間はとても大事だと考えていて。

 


小さい頃に誰かに愛されたという記憶は、強い自己肯定感を育むと思うから。

 


誰かに強烈に愛されたという記憶は「自分の存在意義」を認められる。

 


この世に存在していいんだと思える。

 


他人に評価されなくても自分を保てるようになる。

 


そんな自己肯定感を育むにはこの幼少期に愛されたという記憶をどれだけ作れるかだと思う。

 


だから「強い子供」を育てるという意味で「時間」を娘に投資する。

 


一緒に過ごすという事が、どんな英才教育よりも、時間対効果も費用対効果も高い「投資」だと思っている。

 

「お金を稼ぐ」事に時間を投資するのが、効率的だと思う人は、そうしたらいいと思う。

 

僕は子供と過ごす事が「投資」として効率的だと思うのでそちらを選ぶ。

 

なぜ自己肯定感が必要か?

 

 

 

他人の評価がないと生きていけなくなると辛い。

 


他人の評価は、人によって、環境によって、時代によって変化するから。

 


十年前の常識がいまは通用しない事も多い。

 


道徳は場所によって変わる。

 


これからはすごいスピードで常識、道徳が変化し、方法論も変わって行く時代だと思う。

 


そんな時代には他人の評価を疑ったり、常識を疑ったり、セオリーを疑ったりすることも必要で。

 


自分が考えた正解を押し通す事もできないといけない。

 


それには「自己肯定感」が必要。

 

 

 

心の支えに

 

 

 

無意識レベルで「世の中には圧倒的な自分の味方がいる」と思える事は人としての精神的な強さを産むから。

 


僕は小さい頃母親がとても愛情を示してくれた。

 


強烈に「あの人は味方」だという意識がある。

 


そんな「存在」があるだけで何度も助けられた。

 

 

 

社会に出ると、自分を攻撃してくる人間も出てくる。

 


意図している、してないに関わらず「攻撃してくる存在」

 


そして理不尽な出来事にも出会う。

 


感情の行き場のない怒りを感じるような「理不尽な出来事。」

 


自分の現実と理想のギャップ。

 


自己実現できない苦しさに打ちひしがれる夜がくる。

 


そんな時に「世の中には圧倒的な自分の味方がいる」という人が一人でもいる事は心の支えになる。

 

 

 

と色々理論立てて書いたけど、単純に娘が好きなだけ!

 


できるだけ一緒にいたいだけ!

 


親バカ!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元芸人のスキル、人脈を活かしてこんなお仕事もしています!↓

 

★司会業承っております!結婚式二次会、街コン、各種パーティーへの司会のご要望ご連絡ください!

 

★結婚式二次会のプランニング業務承っております!元芸人のスキル、人脈を生かした二次会のプランニングいかがですか?

 

★結婚式二次会、企業の宴会などへの芸人、エンターテイナーの派遣承っております!

 

ご依頼、ご質問は各種SNSのDMまで!

 

facebook

https://www.facebook.com/masahiko.nakamichi.9

 

 

instagram

https://instagram.com/flowersofnkmt?r=nametag

 

 

Twitter

https://mobile.twitter.com/flowersofnkmt

 

 

 facebook

中道 正彦