12年やった芸人を辞め、生バンドカラオケ「バンカラ梅田」の店長になり、株式会社フラワーズロマンスの代表取締役社長になった元芸人が経営者として成長して行くブログ。

バンカラという梅田にある生バンドカラオケのお店で店長をしながら、「株式会社フラワーズロマンス」と言う会社を作りました。元芸人でフラワーズオブロマンスというコンビで活動していました。司会業、結婚式二次会プロデュース業、エンターテイナー派遣業もしています。

挫折というストーリーが武器になる。

僕は「芸人」であった事を隠しません。

 

「芸人を諦めた事」は「挫折した」という過去です。

 

「挫折」とは人によっては、恥ずかしくて隠したい事かもしれない。

 

「挫折」とは思い出したくない消したい過去かもしれません。

 

でも僕は隠しません。

 

なぜなら「芸人であって、挫折したというストーリー」は人を惹きつけるからです。

 

僕は何にも持ってない。

 

僕は人より飛び抜けた才能はありません。

 

人生で「誰にも負けない!」と思えたスキルはありません。

 

親がお金持ちでもありません。

 

学歴もありません。

 

何にも持ってない。

 

12年やってきた芸人を辞めた僕は「社会経験のない32歳」という恐ろしい現実でした(笑)

 

そして32歳まで芸人をしていたので、社会に出たのはここ2年くらいです。

 

名刺の渡し方もいまだにぼんやりとしか覚えてないくらい(笑)

 

そんな僕が、自分の目的を叶えて生きていくには、たくさんの人を味方につけて、たくさんの人に助けてもらいながらやって行く必要があります。

 

その方が効率的だし、何より「楽しい」。

 

みんなに助けてもらいやすくする、ちょっとしたコツとして僕は「挫折したというストーリー」を使っています。

 

人は、ストーリーを持ち、それに共感した人間に力を貸してくれます。

 

なぜ「挫折」を使うのか?

 

ほぼ100%の大人が、何かに「挫折」して生きてきたはずです。

 

「小さい頃ガキ大将に喧嘩で負けた」とか

 

「サッカー選手になりたかったけど、ケガで諦めた。」とか

 

「好きな女の子とどうしても付き合えなかった。」とか

 

大なり、小なり、なんらかの「挫折」を人はしているはずです。

 

「挫折というストーリー」はほぼ全員に響くのです。

 

これからも「芸人」であった過去を最大限に活かして生きていきます。

 

だからみんな助けてね(笑)

 

バンカラきてね!

 

 

面白かったら拡散してね🎶

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元芸人のスキル、人脈を活かしてこんなお仕事もしています!

 

・結婚式二次会司会業

・各種パーティー司会派遣業

・二次会、パーティーへの芸人、大道芸人、ダンサー、手品師などのパフォーマー派遣

・二次会幹事代行業

・二次会プロデュース業

 

元芸人という経歴を活かしたスキル、人脈を使い、ブライダルプランナー資格を持つ僕が

結婚式二次会、各種パーティーをプロデュースします!

 

ご依頼、ご質問は各種SNSDMまで!

 

facebook

https://www.facebook.com/masahiko.nakamichi.9

 

 

instagram

https://instagram.com/flowersofnkmt?r=nametag

 

 

Twitter

https://mobile.twitter.com/flowersofnkmt