12年やった芸人を辞め、株式会社フラワーズロマンスを立ち上げ、バンカラ梅田店と結婚式二次会代行フラワーズロマンスと結婚相談所ホワイトブーケを運営していくブログ。

バンカラという梅田にある生バンドカラオケのお店で店長をしながら、「株式会社フラワーズロマンス」と言う会社を作りました。元芸人でフラワーズオブロマンスというコンビで活動していました。司会業、結婚式二次会プロデュース業、エンターテイナー派遣業、結婚相談所ホワイトブーケの運営も

結婚相談所に関わるとびっくりする事がたくさん。

結婚相談所の勉強会に参加してきました。

 


結婚相談所について、関わって行くにつれてたくさん驚く事があります。

 


それはまず第一に

「こんなに可愛い人たくさんおるんや。」って事。

 


結婚相談所に登録するんだから容姿も微妙なのかと少し思ってる部分がありましたw

 


けれど普通に可愛い。

 


そして「なんでこんな可愛い人たちが結婚できないんや」って事が疑問になりました。

 


そこには偏見や、思い込みが存在する事が分かってきました。

 


まず

 


学歴が高くないと結婚相手とふさわしくないという偏見がある男女が多い。

 


そういった方は年収より学歴から先に見ます。

 


矛盾してない?

 


年収をたくさん稼げるようになる為の「学歴」じゃないの??

 


能力高ければ学歴関係なくない?

 


能力を測る為の「学歴」じゃないの?

 


中には両親の学歴を気にする方までいます。

 

 

ご両親から「そういう方を選びなさい。」という指示があるんだそうです。

 


両親の意見そんなに大切?

 


結婚して責任持つのは自分自身よね?

 


いまだにこんなにたくさんの人が家柄や学歴を重んじるんやとびっくり。

 


そして結婚みたいな人生の大切な選択肢に両親が関与してくる方が多い事にびっくり。

 

 

偏見によって選択肢が濁る。

 


幸福になる為の選択肢を選んで行かなればならない人生で、偏見によってその選択肢が濁ったりする。

 


その方には「学歴」や「両親の意向」はとても大切なのかもしれないけれど、そこには明確な根拠と理論が必要だと思う。

 


それもなく「世間体」や「誰かの目線」を気にして選択し続ける人生はどこかで誰かのせいにしてしまう。

 

 

結婚相談所のカウンセラーになるという事

 


結婚相談所のカウンセラーになるという事は、お客様の人生に向き合って、

 


「本当に自分にとって何が大切なのかを気づいてもらい、偏見を取り払い、自分自身の選択肢を選べるようになってもらう事」

 


なのかなーと思いました。

 

 

色んな思い込みや偏見がある。人間の心理って面白い。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元芸人の僕が運営する結婚式二次会代行フラワーズロマンス、結婚相談所ホワイトブーケのHP, 各種 SNSのアカウントできました!

 


ぜひフォローください!

 


結婚相談所ホワイトブーケ HP

http://white-bouque.com/sp/index.html

 

 

 

結婚式二次会代行フラワーズロマンスHP

http://www.flowersromance.com/

 

 

 

facebookページ

FacebookページFacebookページ

 

 

 

instagram

https://www.instagram.com/2jikaiflowersromance/

 

 

 

僕個人のTwitterはこちら↓

https://mobile.twitter.com/flowersofnkmt